M&A関連

企業価値評価・財務デューデリジェンス

<弊所の企業価値評価・財務デューデリジェンスの特徴>

・企業の収益性と成長性、オンバランス(簿内)・オフバランス(簿外)の資産・負債を検討し、企業価値を算定します。
・財務デューデリジェンスでは、資産項目・負債項目・資本項目・損益項目・資金繰り・財務比率を調査し、クロージング時の価額を固めます。

様々な業種を経験しており、評価・調査実績多数です。

実務で問題となる事例には以下のようなものがあります。
1.のれんの認識

・オークションディールにおける高い買収プレミアムが発生すると、対象会社買収時に日本基準では償却額が増加します。また、IFRS採用時は、毎期の償却はありませんが減損必要時に減損額が高まることになります。そのため、買収価額(提示額)は十分な検討が必要です。
・IFRSでは償却しないのれんと毎期償却される無形資産に区別されます。このため、IFRS採用時は無形資産の価値評価の上で、のれんを評価しなければなりません。

2.上位顧客に対する売上集中度

・買収によって売上高及び粗利益に大きく影響を与える顧客を失うことになれば、対象会社の収益力が大きく毀損することになります。買収による上位顧客の失注は、企業評価額に重要な影響を与える事象です。

3.法務デューデリジェンスとの連携

・財務デューデリジェンスの実施において、法務デューデリジェンスと密接に関わるのは、係争事件に係る債務や未払賃金債務の有無などの検討についてです。
・これらの事象の発生の可能性が高く、金額を合理的に見積もれる場合は、未払計上して買収価格から減額します。しかし、発生の可能性が高くない場合や金額を合理的に見積もれない場合は、債務としてオンバランスできないため、買収契約書において、顕在化した場合の損失を売り手が負担する旨明記する必要があります。

 

 

お気軽に御相談・お問合せください。

PAGETOP
Copyright © 公認会計士税理士古川事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.