知財・訴訟(フォレンジック)会計

知財訴訟における侵害品の限界利益の算定、算定の助言・意見書の作成

・特許法102条における販売数量、限界利益の算定・分析・助言
・訴訟における計算鑑定の実施、計算鑑定書の作成

法律事務所様からご依頼を頂き、法律事務所様とともに侵害対象品に係る限界利益額の算定の検討、限界利益計算書の作成、依頼人が作成した限界利益計算書の確認・分析を行っております。

M&A、移転価格税制における無形資産の価値評価

・M&A実施時のPPAにおける無形資産の価値評価
・移転価格税制における独立企業間価格の算定のための無形資産の価値評価

M&A実施時のPPAにおける無形資産の価値評価においては、ロイヤリティ料率法、売買取引比較法、再調達原価法等により、移転価格税制における独立企業間価格の算定については、比較対象取引に基づく方法、比較対象取引を把握できない場合は、ディスカウント・キャッシュ・フロー法(DCF法)による評価を行っております。

訴訟における損害額の算定及び算定の助言、賠償権利者・賠償義務者の税務

当事者様又は法律事務所様からご依頼を頂き、以下の損害額の算定及び算定の助言を行います。

・知的財産権侵害による損害
・保険金請求における損害
・製造物責任に基づく損害
・企業間の契約違反によって発生する損害
・災害等による事業停止による損害
・交通事故、医療過誤等による人身傷害に基づく損害

これらの損害について、事実確認と分析作業を実施し、損害額の金銭的な評価を行います。
また、賠償権利者の損害賠償金の収受と賠償義務者の損害賠償金の支払について、税法上の課税関係に関する助言を行います。

 

お気軽に御相談・お問合せください。

PAGETOP
Copyright © 公認会計士税理士古川事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.